あなたの家や住まいの‘こだわり’は?

荷物の仕分け作業で収納上手

私がよく使う収納術は、「仕分ける」作業を徹底してやることです。
これは面倒な収納がスムーズに行くコツだと思います。
ただやみくもに収納するのではなく、例えば3つの箱を用意して「必要なもの」「迷い中」「捨てるもの」に分けて片付ける。
こうするだけで、家の中のほとんどの物がスッキリ片付いてしまうのですから驚きです。
この中で収納するのは「必要なもの」と「迷い中」のものだけで、あとの「捨てるもの」の箱の中身は、思い切って処分しましょう。
「収納が上手く行かない」という人は、ぜひこの方法を試してみることをお勧めします。
お部屋が物で溢れ返っているのは、「必要なもの」「必要でないもの」の線引きが曖昧なせいかもしれません。
これでは幾ら収納を頑張っても、根本的な解決には至りませんよね。
それに、「捨てるに捨てられない」という物でも「迷い中」の箱に閉まっておけば、後でゆっくり考えることも出来るのですから。
私も以前は収納下手だったのですが、この方法で悩みを解消することができました。